読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jの株価

Jリーグクラブのリーグ成績とスポンサー企業の株価を観察する。

2016年 明治安田生命J1リーグ終了

年間最終順位と騰落率。

1位 浦和(1stステージ:3位 2ndステージ:1位)

  騰落率 -1.00%

 日産自動車との提携騒動でメインスポンサーの三菱自動車が苦戦。

2位 川崎(1stステージ:2位 2ndステージ:3位)

 騰落率 +28.47%

 クラブはタイトルまであと一歩のところで届かずも、騰落率では年間1位を獲得。

3位 鹿島(1stステージ:1位 2ndステージ:11位)

 騰落率 +7.15%

 1stステージ優勝を忘れさせるほどの終盤の不調。

4位 G大阪1stステージ:6位 2ndステージ:4位)

 騰落率 -26.33%

 クラブも騰落率も今年はイマイチ結果が残せず。

5位 大宮(1stステージ:5位 2ndステージ:6位)

 騰落率 -3.38%

 今シーズンは降格ラインの絶妙なコントロールは見られず、クラブ史上最高順位の大躍進。

6位 広島(1stステージ:4位 2ndステージ:10位)

 騰落率 +7.88%

 カープに全部持っていかれた。

7位 神戸(1stステージ:12位 2ndステージ:2位)

 騰落率 -1.23%

 2ndステージの台風の目も騰落率はマイナス圏で停滞。

8位 柏(1stステージ:7位 2ndステージ:5位)

 騰落率 +12.43%

 来シーズンは今シーズン以上に上位に食い込むのでは。

9位 FC東京1stステージ:9位 2ndステージ:9位)

 騰落率 -9.50%

 年間、ステージともに9位できれいにまとめました。

10位 横浜FM1stステージ:11位 2ndステージ:7位)

 騰落率 -5.37%

 来シーズン、心配なクラブ。名古屋のようにならなければいいけど。

11位 鳥栖1stステージ:15位 2ndステージ:8位)

 騰落率 -4.17%

 可もなく不可もなく。

12位 仙台(1stステージ:10位 2ndステージ:12位)

 騰落率 +3.24%

 年間通して下位に低迷も騰落率はプラス圏内でフィニッシュ。

13位 磐田(1stステージ:8位 2ndステージ:14位)

 騰落率 +18.87%

 最終節に自力で残留を決める。来シーズン、名門復活なるか。騰落率は大きくプラス。

14位 甲府1stステージ:17位 2ndステージ:13位)

 騰落率 +18.92%

 地方クラブの星は残留も決め、騰落率でも大健闘。

15位 新潟(1stステージ:13位 2ndステージ:16位)

 騰落率 +15.02%

 ギリギリを耐える残留力はさすが。

16位 名古屋(1stステージ:14位 2ndステージ:15位)

 騰落率 -5.62%

 ついに降格。大資本のスポンサーがついていても、一度狂った歯車は簡単には直せないということか。

17位 湘南(1stステージ:16位 2ndステージ:17位)

 騰落率 +17.26%

 個人的には残ってほしかったクラブ。騰落率は大健闘。

18位福岡(1stステージ:18位 2ndステージ:18位)

 騰落率 -0.44%

 今シーズンもエレベーターから降りられず。